プロフィール

近況

カテゴリ(作家名別)

いま、読書中の本

お気に入り読書ブログサイト様

リンク

にほんブログ村 本ブログへ
ランキングに参加しています。
応援して下さる方はポチッと
クリックをお願い致します。

chikaさんの読書メーター
読書メーター活用中です!

ブクログ
ブクログも活用中です!

本を買うならアマゾン

PR

2015.06.20 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2015.02.09 Monday

    「おそろし 三島屋変調百物語事始」 宮部みゆき著

    0
      ―あらすじ(「BOOK」データベースより)―
      17歳のおちかは、ある事件を境に、ぴたりと他人に心を閉ざした。ふさぎ込む日々を、叔父夫婦が江戸で営む袋物屋「三島屋」に身を寄せ、黙々と働くことでやり過ごしている。ある日、叔父の伊兵衛はおちかに、これから訪ねてくるという客の応対を任せると告げ、出かけてしまう。客と会ったおちかは、次第にその話に引き込まれていき、いつしか次々に訪れる客のふしぎ話は、おちかの心を溶かし始める。三島屋百物語、ここに開幕。

      ―オススメ度―
       ★★★★☆

      ―感想―
      宮部さんの時代物はしばらくご無沙汰だったのですが、NHK BSプレミアムでドラマ化されていたのを知り、久しぶりに読みたくなって購入しました。三島屋シリーズの第一弾で「曼珠沙華」、「凶宅」、「邪恋」、「魔鏡」、「家鳴り」の五編が収録された連作短編集です。

      読んでいると背中がゾクゾクするような怖さが味わえます。と言っても霊的な怖さではありません。やはり、この世で怖いのは幽霊などではなく、人間。そしてその心だと言うことが、しみじみ感じられます。

      シリーズとしては、まだまだ序盤と言った感じなので、続きが気になります。近いうちに続編の「あんじゅう 三島屋変調百物語事続」も読もうと思います。

      しかしこのシリーズ、タイトルに『百物語』とついているけれど、あと九十五話も続くのだろうか…。いや、それはそれで、とても楽しみではありますが。

      2015.06.20 Saturday

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • -
        • -

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック