プロフィール

近況

カテゴリ(作家名別)

いま、読書中の本

お気に入り読書ブログサイト様

リンク

にほんブログ村 本ブログへ
ランキングに参加しています。
応援して下さる方はポチッと
クリックをお願い致します。

chikaさんの読書メーター
読書メーター活用中です!

ブクログ
ブクログも活用中です!

本を買うならアマゾン

PR

2015.06.20 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2012.03.30 Friday

    「ビブリア古書堂の事件手帖2 栞子さんと謎めく日常」 三上延著

    0
      ―内容(「BOOK」データベースより)―
      鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。変わらないことも一つある―それは持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あるときは優しく紐解いていき―。

      ―オススメ度―
       ★★★★★

      ―感想―
      シリーズ第二弾です。今作に登場する本は、「坂口三千代『クラクラ日記』(文藝春秋)」、「アントニイ・バージェス『時計仕掛けのオレンジ』(ハヤカワNV文庫)」、「福田定一『名言随筆 サラリーマン』(六月社)」、「足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)」の四冊です。前作と同じく、どれも読んだことの無い本でしたが、やっぱり面白いな〜。

      栞子さんの相変わらずの華麗な推理が、読んでいて楽しいです。今回は、そんな栞子さんの家族の謎がチラチラと見え隠れします。その辺りは、まだ完全に明かされていないので、この先の展開がとても気になるところです。ところであの「絵」って、一巻の表紙…ですよね?

      ちなみに…大輔の元カノが登場したので、これで栞子さんとの関係に変化が訪れるのか?とワクワクしましたが、そうでもなかったですね…。でも、これからもシリーズが続くとのことで、懲りずに期待します!ちなみに待望の第三弾は6月23日に発売だそうです。楽しみだ〜!

      2015.06.20 Saturday

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • -
        • -

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        JUGEMテーマ:読書感想文  ◆ビブリア古書堂シリーズ    篠川栞子の母親のことが少しづつ解った来ましたね。    本の虫だけでなく、聡明で大胆な推理と    人に対して容赦ない対応。ちょっと怖い人で
        • こみち
        • 2012/06/16 11:22 AM
        TVドラマの放送も始まりましたけど、しばらく静観です。評判が良かったり、逆にトンデモ過ぎる内容だったら後で見るかも知れません。いや、怖いもの見たさでチラ見するかな・・・。 来月には4巻が出るらしいので、その前にと読了。 今回は3つのエピソードをプロ
        • 【徒然なるままに・・・】
        • 2013/01/22 11:24 PM
         普段は人見知りでおどおどしているくせに、本に関する話題となると途端に饒舌になるという、ちょっと変わった美人な古書店主・篠川栞子が、彼女の店で働らく本が読めない ...
        • 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
        • 2013/02/10 10:37 PM