プロフィール

近況

カテゴリ(作家名別)

いま、読書中の本

お気に入り読書ブログサイト様

リンク

にほんブログ村 本ブログへ
ランキングに参加しています。
応援して下さる方はポチッと
クリックをお願い致します。

chikaさんの読書メーター
読書メーター活用中です!

ブクログ
ブクログも活用中です!

本を買うならアマゾン

PR

2015.06.20 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2011.12.22 Thursday

    「せきれい荘のタマル」 越谷オサム著

    0
      ―内容(「BOOK」データベースより)―
      静岡から東京の大学に進学した石黒寿史は、同郷である法村珠美(のりたま)への恋心から、同じ映画研究部に入部する。しかし寿史は、やたら面倒見のいい、同サークルの先輩・田丸大介(タマル)につきまとわれ、早朝マラソンに付き合わされそうになったり、あきらかに怪しいサークルのBBQに参加させられたりと、振り回されっぱなしの日々。あげく、タマルまでがのりたまに恋心を抱き、猛攻撃を始めて―。

      ―オススメ度―
       ★★★★☆

      ―感想―
      久しぶりの越谷作品です。うん、やっぱり好きだなー。スカイエマさんの表紙イラストも素敵。今作は越谷氏お得意(?)の青春ものです。

      『面倒見の良い』というよりは『ただのハタ迷惑』な行動を取るタマル先輩に、読み始めは全く惹かれなかったのですが、物語が進むにつれて、その人柄にどんどんと心を動かされて行きました。他人の為に、あれほど真っ直ぐ行動が出来る人なんて、そうそういないもの。読み終わる頃には、すっかりタマル先輩にハートを掴まれていました。私も『タマルめいた』行動を取ってしまいそう…。

      ※以下、ネタバレを含むので反転します。
      初めは好印象だった三輪さんが、あんな人だったなんて…ショックです。半笑いでのらりくらりと話を誤魔化そうとする姿に、かなりイライラしました。沙友里がビシッと言ってくれて、ちょっとスッキリしましたけれど。

      しかし、ラストでのりたまとタマル先輩がくっついたのは意外でした。何となく、のりたまは寿史ともタマル先輩とも違う人とくっついて、二人そろって失恋しちゃうのかな、と思っていたので。でも、タマル先輩なら幸せにしてくれそうだよなー。そして、山縣さんと細い鈴木さんにも絶対に幸せになって欲しいです。


      さて、未読の越谷作品は残すところ、あと二冊になりました。「金曜のバカ」と「いとみち」です。どちらも近いうちに読みたいな、と思います。

      2015.06.20 Saturday

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • -
        • -

        コメント
        面白かったです。
        お節介は世界を救うでしたね。
        トラックバックさせていただきました。
        >藍色さん
        こんばんは。
        コメント&TBありがとうございます。
        実際にこんな人が傍に居たら、とても迷惑だと思いますが(笑)、
        読んでいる分には楽しかったです。
        こちらからもTBを返させて頂きました。
        よろしくお願い致します。
        • chika
        • 2013/02/28 10:40 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        静岡から東京の大学に進学した石黒寿史は、同郷である法村珠美(のりたま)への恋心から、同じ映画研究部に入部する。しかし寿史は、やたら面倒見のいい、同サークルの先輩・田丸大介(タマル)につきまとわれ、早...
        • 粋な提案
        • 2013/02/26 1:06 AM