プロフィール

近況

カテゴリ(作家名別)

いま、読書中の本

お気に入り読書ブログサイト様

リンク

にほんブログ村 本ブログへ
ランキングに参加しています。
応援して下さる方はポチッと
クリックをお願い致します。

chikaさんの読書メーター
読書メーター活用中です!

ブクログ
ブクログも活用中です!

本を買うならアマゾン

PR

2015.06.20 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2015.06.17 Wednesday

    「ゴーストハント1 旧校舎怪談」 小野不由美著

    0
      ―あらすじ(「BOOK」データベースより)―
      取り壊すと必ず事故が起こると噂されている木造の旧校舎。高校1年生の麻衣はひょんなことから、調査に訪れた「渋谷サイキックリサーチ/SPR」所長・ナルの手伝いをするはめに。彼女を待っていたのは数々の謎の現象だった。旧校舎に巣食っているのは戦没者の霊なのか、それとも―?麻衣とナルが出逢い、物語の出発点となったシリーズ第1巻。全編にわたり入念なリライトが施された完全版。

      ―オススメ度―
       ★★★☆☆

      ―感想―
      講談社X文庫ティーンズハートで刊行されていた『悪霊シリーズ』は長らく絶版、なかなか読めなくて悔しい思いをしていたので、完全リライト版で登場した時は本当に嬉しかったです。勢い勇んで全7巻を買い揃えたものの、もったいなくて長い間寝かせていました。

      完全リライトと言えども、やはりベースは25年以上も前のティーン向け小説なので、一昔前の少女漫画チックな語り口に何だかムズムズ…(笑)でもまぁ、その辺りは読み慣れますがね。

      ずーっとホラーものだと思っていたので、そして小野さんのホラーは怖いので、それなりに身構えていたのですが、想像していたより科学的。ホラー要素も少なめ。ああいう風に分析されちゃうと…ほっとするような、残念なような、ちょっぴり複雑な気持ちです。正に『幽霊の正体見たり枯れ尾花』ですな。

      主人公の麻衣を始め、ナル、リンさん、ぼーさん、綾子、ジョン、真砂子と、この一巻で主要人物のほとんどが登場します。(但し、麻衣のせいでリンさんの登場シーンはごく少ない…。)まだキャラが定まっていないような感じも受けますが、この雰囲気は嫌いじゃないです。

      このまま続けて二巻を読みたいと思います。一巻より怖いという噂なので楽しみです。

      2015.02.13 Friday

      「営繕かるかや怪異譚」 小野不由美著

      0
        ―あらすじ(「BOOK」データベースより)―
        この家には障りがある―住居にまつわる怪異を、営繕屋・尾端が、鮮やかに修繕する。心ふるわす恐怖と感動の物語。

        ―オススメ度―
         ★★★★☆

        ―感想―
        待ちに待った小野さんの新シリーズです。「奥庭より」、「屋根裏に」、「雨の鈴」、「異形のひと」、「潮満ちの井戸」、「檻の外」の六編が収録された連作短編集になっています。

        ホラーだけれど『悪霊退散!はい、解決!』ではなく、営繕屋の尾端さんが家を修繕することで、怪異と折り合いをつけ、問題を優しく解決していく。『雨の日の袋小路に佇む喪服姿の女』なんて、想像するだけで鳥肌ものなのに、読了後はなぜか優しい気持ちになります。どの物語にもそれなりの怖さはありますが、最後は心がほっこり温まる感じです。すごく不思議な読後感。

        小野さんのがっつりホラーも大好きだけれど、こういうのも良いなぁ。現在も角川さんの怪談専門誌『幽』で連載が続いているので、続編が楽しみです。

        2012.08.02 Thursday

        「残穢」 小野不由美著

        0
          ―内容(「BOOK」データベースより)―
          怨みを伴う死は「穢れ」となり、あらたな怪異の火種となるのか──。畳を擦る音が聞こえる、いるはずのない赤ん坊の泣き声がする、何かが床下を這い廻る気配がする。だからあの家には人が居着かない──何の変哲もないマンションで起きる怪奇現象を調べるうち、浮き上がってきたある「土地」を巡る意外な真実。著者九年ぶりの五〇〇枚書き下ろし、戦慄のドキュメンタリー・ホラー長編。

          ―オススメ度―
           ★★★★☆

          ―感想―
          「鬼談百景」と同時発売された一冊です。それぞれの出版社は違うのですが、所々内容がリンクしていて、同時に読むと怖さが倍増とのこと。しかも「鬼談百景」に収められた九十九話を読み、続けて「残穢」を読むと、ちょうど百話になるという、何とも恐ろしいセットです(笑)

          物語の始まりであるひとつの怪異が、こんなにも枝分かれしていくなんて驚きです。怪異を体験するのは、いわゆる『霊感のある人』だとばかり思っていましたが、この本を読んでからはそんな考えが改まった気がします。この残穢のように怪異は伝染すると思うと、とてつもなく怖いですね。だって、その怪異が、いつ自分に降りかかるか分からないんですから…。そして、ついつい自分の住んでいる家や土地の過去を知りたくなります。

          フィクションではなくノンフィクションのドキュメンタリー・ホラーということで、何人かの作家さんが実名で登場しています。小野氏の私生活や意外な(?)交流関係も垣間見えたり、ファンには嬉しい描写もあるので、ホラーが苦手で無い方には是非にとオススメしたいです。

          2012.07.26 Thursday

          「鬼談百景」 小野不由美著

          0
            ―内容(日販「MARC」より)―
            読むほどに不穏な闇は深まり、恐怖がいや増す…。小野不由美が初めて手がける百物語怪談本。『幽』好評連載に加え、新作18編を書き下ろし収録。虚実なかばする怪談文芸の頂点を極めた傑作。

            ―オススメ度―
             ★★★★☆

            ―感想―
            小野氏の九年振りとなる新刊です!ファンタジー作家としての小野氏も大好きですが、ホラー・オカルト作家としての小野氏も大好きなので、迷わずに購入しました。小野氏が初めて手掛けられた怪談百物語です。短いものはわずか数行、長くても三、四ページほどの怪談が、ぎっしり九十九編も詰まっていて、読み応えは抜群。

            その怪異が起こる場所は風呂場だったり、トイレだったり、学校だったりと日常に密着しているものばかりなので、やっぱりものすごく怖い…。普段は気にならないようなカーテンやドアの隙間、ちょっとした暗がりが、こういった本を読むと何故か気になって仕方ありません。個人的に一番怖かったのは「雨女」です。何でもないような雨の日にも、あんな出来事が起こり得るんだなぁと思うと、本当に怖いです。日常の中にひっそりと潜む怪異が、じわじわと恐怖心を煽ります。読んでいると背筋が寒くなるので、いまの季節にオススメですよ!

            もちろん、この「鬼談百景」と同時発売の「残穢」も、もちろん購入済みなので、これから読みます!こっちも怖そうだな…。

            2009.01.08 Thursday

            「過ぎる十七の春」 小野不由美著

            0
              過ぎる十七の春 (講談社X文庫―ホワイトハート)

              ―内容(「BOOK」データベースより)―
              三月。直樹と典子兄妹は、従兄弟の隆の家を訪れた。ここは、木蓮や馬酔木や海棠や空木などに埋もれた野草の里。まさに桃源郷だ。しかし、久方ぶりに会う隆の目は昏かった。そして、心やさしい隆が母親に冷酷な態度をとるのは何故。母子に、いったい何が。「あの女が、迎えにくる…」隆は、幼い日の冷たい雨の夜を思い出し、直樹には、あの記憶が甦る。十七歳―少年たちを繋ぐ運命の春が来た。

              ―オススメ度―
               ★★★☆☆

              ―感想―
              小野氏お得意の、じわじわとした怖さが味わえるホラーです。「緑の我が家」の時のようにティーン向けだと思って、ナメてかからなくて良かった…。

              突然の隆の豹変には「何で?」となりましたが、続く直樹の豹変で「そう言うことだったのか!」と、やっと理解出来ました。三代の描写が良いアクセントになっていますね。猫と暮らしている私自身は信じていないけれど、猫には人間に見えないものが見えるとよく言いますし。

              美しく哀しい母子の物語でした。子を思う母親の、とても強い気持ちが伝わって来ます。そして、その強い気持ち故に起こった現象が怖くてたまりませんでした。でも、私もいつか母親になったら、また違う感想が生まれるのかも知れません。

              ただ、風景の描写が多過ぎて、少しうんざりしてしまいました。美しい場所だというのは想像出来ますが、そんなに花の名前ばかりをつらつらと書かれても分かりません…。

              2008.10.05 Sunday

              「黄昏の岸 暁の天―十二国記」 小野不由美著

              0
                黄昏の岸 暁の天―十二国記 (講談社文庫)

                ―内容(「BOOK」データベースより)―
                登極から半年、戴国再興に燃える泰王驍宗。反乱鎮圧のため自ら文州に赴いた王の悲報に、留守を預る幼い泰麒は衝撃をうけ、大鳴動とともに忽然と姿を消した。王と麒麟を突然失い、偽王の圧政が始まった戴―。その行く末を案じ将軍季斉は命をかけて景王陽子に会うため空を翔けるが…。

                ―オススメ度―
                 ★★★★★

                ―感想―
                またもや久々、十二国記シリーズです。なかなか新刊が出ないシリーズのなので、勿体無いなぁと思いながら、ゆっくり読もうとはするのですが、いざ読み始めると一気読みです。だって面白いんだもの!

                今回の主人公は戴国の将軍である李斉、そして舞台は主に慶国です。王と麒麟を失い、偽王が起ってしまった戴国を救うために、李斉が助けを求めたのが景王陽子なのですが…。李斉の考え方は間違っているし、すごくずるいと思いました。ラストでの浩瀚の言葉はもっともだと思います。でも、ならば自分が李斉の立場ならどうしたのかと考えると、やはりどこかの国や王を頼らなければ、何も出来ないです、きっと。いや、絶対かな。李斉の苦しい思いも理解出来るからこそ、読んでいて余計に辛かったです。

                でも、他国に干渉することを良しとしない世界って何だか少し悲しいような気もします。全ての王が陽子のような考え方を持っていてくれれば、李斉のように苦しい思いをする人間も減るのだろうとは思うのだけれど…それでも多分、いつかどこかで綻びは出来るんだろうな…。難しいです。本当に考えさせられるファンタジーです。

                とても辛い物語なのですが、ちらちらと出て来る脇役たちが良い味を出していて、ほっと和みました。中でも氾王と氾麟が延王尚隆に対して、ものすごく失礼な発言をしている場面は、すごく楽しかった!「田舎臭い格好」だとか「とっても下品な尚隆」だとか「猿山の猿王」だとか、もう言いたい放題ですね(笑)こんな主従がいる範国の物語が読みたくなります。

                しかし、戴国での出来事はまだ完結していないので、今後の行方がかなり気になります。驍宗はどこにいるのか、そして泰麒と李斉は彼を見つけることが出来るのか?偽王を討つことが出来るのか?戴国は平穏な国へと戻れるのか?あぁ、色々なことが気になって仕方ありません!早く続編を〜!!

                2008.01.19 Saturday

                「黒祠の島」 小野不由美著

                0
                  黒祠の島 (祥伝社文庫)

                  ―内容(「BOOK」データベースより)―
                  作家葛木志保が失踪した。パートナーの式部剛は、過去を切り捨てたような彼女の履歴を辿り「夜叉島」に行き着いた。その島は明治以来の国家神道から外れた「黒祠の島」だった…。嵐の夜、神社の樹に逆さ磔にされた全裸女性の死体。さらに、島民の白い眼と非協力の下、因習に満ちた孤島連続殺人が!その真相とは?実力派が満を持して放つ初の本格推理。

                  ―オススメ度―
                   ★★★☆☆

                  ―感想―
                  いやー、この一冊を読み終えるのにえらく時間がかかってしまいました。私自身の体調が悪かったこともありますが、物語の内容が濃いと言いますか、とにかく緻密に書かれています。雰囲気は同氏の「屍鬼」に近い感じでした。くどいな、と感じる箇所もありましたが、物語中盤からはほぼ一気読み。この辺りも「屍鬼」と似ています。

                  で、物語の内容ですが、舞台が「島」というのが私の中では高ポイント。その島に古くから伝わる因習、そしてそれに則って行われる連続殺人…ハラハラドキドキです。主人公の式部さんが何故あれほどまで必死になって犯人を捜し出そうとしたのかは、少しばかり疑問ですが…。余所者に対して異常なほど排他的で非協力的な島民たちがいる場所に、いつまでも居座るなんて度胸、私にはありません…。

                  犯人に意外性は無かったのですが、その後の展開が巧いです。あれはかなり怖かった…。後味が良いのか、悪いのか…いや、やっぱり悪いのかな、うん。なかなかグロテスクな描写があるので、苦手な方はご注意下さい。

                  2007.12.17 Monday

                  「図南の翼―十二国記」 小野不由美著

                  0
                    図南の翼 十二国記 講談社文庫

                    ―内容(「BOOK」データベースより)―
                    恭国は、先王が斃れてから27年。王を失くした国の治安は乱れ、災厄は続き、妖魔までが徘徊するほどに荒んでいた。首都連檣に住む珠晶は、豪商の父をもち、不自由のない生活と充分な教育を受けて育った。しかし、その暮らしぶりとは裏腹に、日ごとに混迷の様相を呈していく国を憂う少女は、王を選ぶ麒麟に天意を諮るため、ついに蓬山をめざす。珠晶、12歳の決断。「恭国を統べるのは、あたししかいない」。

                    ―オススメ度―
                     ★★★★★

                    ―感想―
                    またまた久しぶりの十二国記シリーズ、やっぱり最高です。今回は恭国の物語ですが、その舞台のほとんどは黄海。そして主人公は、わずか十二歳で昇山を決意する珠晶です。

                    初めはただ自意識過剰でこまっしゃくれただけのお嬢様という印象だった珠晶が、黄海での厳しい旅の中で朱氏や剛氏たちと近づき、触れ合い、少しずつ少しずつ成長していく姿がとても素敵です。頑丘と利広の掛け合いも大好き。ラスト近く、天仙に向かって国に対する、そして昇山に対する自分の思いをぶちまける珠晶に激しく心を震わされました。何てすごい少女なんだろう。この少女が王になるのなら時間はかかっても、きっと恭国は豊かな国になるだろうと予感させられます…と書いたところで思い出したのですが、「風の万里 黎明の空」に珠晶が出て来て、治世九十年となっていましたよね、確か。やっぱりすごいな、珠晶。

                    あと余談ですが、あの天仙の正体に驚きました。妖魔を連れている時点で気付くべきだったのか…。でも、久しぶりに彼の名前が出て来て、ちょっぴり嬉しかったです。ついでに言うと利広の正体にも少なからず驚きました。こちらは何やら只者ではないとは思っていたけれど。(何か驚いてばっかりだな…。)

                    ところで頑丘は珠晶の臣下になるのかしら?珠晶のそばにいてくれたら力強い気もしますが、やっぱり頑丘には朱氏の方が似合っているように思います。

                    2007.06.27 Wednesday

                    「風の万里 黎明の空(下)―十二国記」 小野不由美著

                    0
                      風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (講談社文庫)

                      ―内容(「BOOK」データベースより)―
                      思うままにならない三匹の豺虎を前に自らの至らなさを嘆く景王・陽子の傍にはいつしか祥瓊、鈴、二人の姿があった。“景王に会いたくて、あなたは人人の希望の全てなのだから”陽子は呪力をたたえる水禺刀を手に戦いを挑む。慶国を、民を守るために。果てしない人生の旅立ちを壮大に描く永遠の魂の物語。

                      ―オススメ度―
                       ★★★★★

                      ―感想―
                      上巻から引き続き、更に変化していく祥瓊と鈴の心。読んでいて気持ちが良いです。ページを捲る手が止まりません。女の子って強いなぁ。蘭玉はかわいそうだったけれど…グスン。

                      そして夕揮や虎嘯、桓たい(←「たい」が機種依存文字…)たちも素敵です!拓峰の人々の対応には正直、腹が立ったのですが、実際に私が拓峰の人間だったら同じようにしていたかも。いままでよっぽど辛い目や怖い目に遭って来たんだろうし…。一概に彼らを責められない分、その怒りはもちろん黒幕たちに向きましたが。

                      ラストの外殿でのシーンがすごく好きです。諸官たちにビシッと自分の考えををぶつける陽子がたまらなく格好良い!これは最高の初勅ですね。思わず涙が出ました。しかし、陽子はまた一段と逞しくなりましたね。信頼出来る人間をたくさん得られた陽子は、きっと素晴らしい王になることでしょう。これからの慶国の行方が気になります。

                      2007.06.24 Sunday

                      「風の万里 黎明の空(上)―十二国記」 小野不由美著

                      0
                        風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 (講談社文庫)

                        ―内容(「BOOK」データベースより)―
                        天命により慶の国、景王となった陽子は民の実情を知るために街へ出た。目前で両親を殺され芳国公主の座を奪われた祥瓊は、父王の非道を知り自らを恥じていた。蓬莱から才国に流されてきた鈴は華軒に轢き殺された友・清秀の仇討を誓った。それぞれの苦難を抱いて三少女はやがて運命の邂逅の時を迎える―。

                        ―オススメ度―
                         ★★★★★

                        ―感想―
                        久しぶりの十二国記シリーズです。「東の海神 西の滄海」から読んでいなかったのですが、なぜ読んでいなかったのかと言うと、それはズバリ勿体無かったからです(貧乏性…)。でもどうしても読みたくなって再開しました。

                        景王となったものの自分の不甲斐無さに悩む陽子。反乱で芳国公主の座を奪われた挙句、惨めな生活を強いられ、それを受け入れられない祥瓊。蓬莱から流され右も左も分からず、この世で自分が一番不幸だと思い込む鈴。今回はこの三人の少女たちが主人公の物語。

                        それぞれ三者三様の悩みを抱えているのですが、国を豊かにし立派な王になろうと自ら一歩を踏み出す陽子はさすがと言ったところ。それに比べて祥瓊と鈴には読んでいてイライラ…。でも、恥ずかしながら自分にだって多かれ少なかれ、彼女たちのような気持ちになる時があるな、と思いました。誰よりも自分が一番不幸だと思い込むこと。自分の苦しみを関係の無い誰かにぶつけ、憎しみ嫉むこと…。けれど物語後半、祥瓊は楽俊と、鈴は清秀と出会ったことによって少しずつ成長していきます。楽俊は相変わらず良いことを言いますね。もう大好きなキャラです。清秀も子供なのにすごい。彼らの言葉に思わずハッとさせられる箇所が多々ありました。

                        さて、この上巻はとても悲しいところで終わっているので早く続きを読みたいと思います。そしてこれから先、陽子と祥瓊と鈴がどのように関わっていくのか、非常に楽しみでもあります。

                        | 1/2PAGES | >>