プロフィール

近況

カテゴリ(作家名別)

いま、読書中の本

お気に入り読書ブログサイト様

リンク

にほんブログ村 本ブログへ
ランキングに参加しています。
応援して下さる方はポチッと
クリックをお願い致します。

chikaさんの読書メーター
読書メーター活用中です!

ブクログ
ブクログも活用中です!

本を買うならアマゾン

PR

2015.06.20 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2014.05.22 Thursday

    本の整理。

    0
      またまた、ひっそりと更新。しかも読書感想ではありません。果たしてこのブログは本当に読書ブログなのだろうか…という疑問はとりあえず置いておいて、近況報告です。

      4ヶ月前に愛猫の一匹を見送りましたが、続けて別の愛猫が病気になり、またまた介護生活が始まりました。治る見込みのない病気で、もう余命わずかです。なので、少しでも彼が楽に余生を過ごせるように頑張っています。愛猫はもっと頑張っています。

      そして数日前から俗にいう『断捨離』というものに取り掛かりまして。まぁ、要らないものが出るわ、出るわの大騒ぎ。

      本も整理しました。既読本、積読本に関わらず、いまの私の食指が動かないものは全て処分。200冊ほどを処分して、300冊以上あった積読本も100冊ほどに減りました。今更ですが、やはり本は「読みたい!」と思った時、そして読める時に買うのが一番ですね。

      というわけで読書はほとんど出来ていませんが、また少しずつ読める時に読んでいきたいです。

      2014.02.22 Saturday

      読了メモ。

      0
        約10ヶ月振りになりますが、何事も無かったかのようにひっそりと更新。

        昨年の春頃に学びたいことが出来、その勉強を始めたので、読書の時間がほとんど取られなくなりました。そして冬頃から愛猫の介護生活が始まり、読書の時間が全く取られなくなりました。

        とりあえず、ブログの更新が途絶えてからの読書記録のメモ。(読書メーターで短い感想は書いています。)

        ・「崩れる 結婚にまつわる八つの風景」 貫井徳郎著 角川文庫 2013年5月29読了
        ・「金曜のバカ」 越谷オサム著 角川文庫 2013年7月18日読了
        ・「てふてふ荘へようこそ」 乾ルカ著 角川文庫 2013年8月1日読了
        ・「ばんば憑き」 宮部みゆき著 新人物ノベルス 2013年8月7日読了
        ・「クリーピー」 前川裕著 光文社 2013年8月26日読了
        ・「死ねばいいのに」 京極夏彦著 講談社文庫 2013年9月8日読了
        ・「あなたの猫、お預かりします」 蒼井上鷹著 実業之日本社文庫 2013年9月11日読了
        ・「三階に止まる」 石持浅海著 河出書房新社 2013年9月15日読了
        ・「アトロシティー」 前川裕著 光文社 2013年9月24日読了
        ・「雀蜂」 貴志祐介著 角川ホラー文庫 2013年10月28日読了

        またコンスタントに更新出来たら良いなぁ。

        最後に余談ではありますが、愛猫は2014年1月30日の午前10時34分に永眠しました。生まれてすぐ我が家にやって来て、13年間という時間を共に過ごしました。最期を看取ってあげられたことは本当に良かったと思っています。

        ありがとう、さようなら。虹の橋で待っていてね。

        2012.09.25 Tuesday

        またもや近況報告。

        0
          またもや、お久しぶりでございます。

          8月下旬に生後2〜3日と思しき子猫を2匹保護し、その世話に追われて読書どころではありませんでした。3〜4時間置きの授乳と排泄で寝不足になり、精神的に疲れ果て、軽い育児ノイローゼのようになっていました…。人間にしろ、猫にしろ、母親ってすごいなと改めて思いました。世の中のお母さんたちを心から尊敬します。

          そしてありがたいことに、その子猫たちもすくすく成長してくれて、今や生後1ヶ月です。トイレも覚え、離乳食も順調に進み、ようやく手がかからなくなってきた今日この頃。あっちこっち走り回り、やんちゃにはなりましたがね…。

          そんなわけで、そろそろ…かなりのゆっくりペースになりそうですが、読書を再開出来そうです。このブログもぼちぼち更新出来たらな、と思っております。

          ちなみに…余談ではありますが、2011年11月24日の「近況報告。の続き。」で書きました愛猫は2012年5月19日に永眠しました。余命3ヶ月と言われたのに、小さな身体で9ヶ月も頑張ってくれた彼女へ「ありがとう。」と「お疲れ様。」を…。

          2011.11.24 Thursday

          近況報告。の続き。

          0
            お久しぶりでございます。愛猫の一匹が病気と前の記事に書きました。もって三ヶ月、と余命宣告をされていましたが、その三ヶ月は過ぎ、今も愛猫は生きています。まだまだ治療は続きますが、一分でも一秒でも長く生きて欲しい。頑張ります。

            さて読書の方ですが、読み終わっても感想が書けていません…。日付も定かではありませんが、とりあえず読み終えた本の記録として残しておきます。

            ・「悪の教典」(上)(下) 貴志祐介著
            ・「隣之怪 蔵の中」 木原浩勝著
            ・「隣之怪 病の間」 木原浩勝著
            ・「英雄の書」(上)(下) 宮部みゆき著
            ・「蝦蟇倉市事件1」 アンソロジー
            ・「蝦蟇倉市事件2」 アンソロジー
            ・「カラスの親指」 道尾秀介著
            ・「時鐘館の殺人」 今邑彩著 2012年7月13日再読。感想はこちら
            ・「鬼」 今邑彩著
            ・「赤々煉恋」 朱川湊人著
            ・「101号室の女」 折原一著
            ・「猫とあほんだら」 町田康著
            ・「猫にかまけて」 町田康著

            最近は少しずつ、本当に少しずつですが、読書体力が戻りつつあるので、また以前のようにブログを更新出来たらなぁと思います。

            2011.08.29 Monday

            近況報告。

            0
              愛猫の一匹が病気の為、しばらく更新できそうにありません。
              本はちょこちょこ読んではいましたが、PCを開いて感想を書くというところまで手が回らず…。

              時間と気持ちに余裕が出来たら、またブログを再開したいと思います。
              よろしくお願い致します。

              2009.12.11 Friday

              再読予定本のメモ。

              0
                読んだは良いものの、感想がアップ出来ないまま、記憶の彼方に追いやられた本たちの記録です。これらは再読したのちに、またそれぞれの記事をアップしたいと思います。まぁ、果たしていつになることやら…ですが。

                ・「朝日のようにさわやかに」 恩田陸著 2009年7月19日読了
                ・「短劇」 坂木司著 2009年8月?日読了 2012年1月24日再読。感想はこちら
                ・「鬼の跫音」 道尾秀介著 2009年9月?日読了 2012年4月3日再読。感想はこちら
                やっぱり読了後すぐにアップしないとダメだな…。

                2008.09.01 Monday

                ミステリ・フロンティア 東京創元社

                0
                  東京創元社さんのミステリ・フロンティアのことを、ちょこっと書きたいと思います。キャッチコピーは『次世代を担う新鋭たちのレーベル』。個人的にハズレが少ないと思っているので、図書館へ行って借りる本が決まらない時は、このミステリ・フロンティアの背表紙を探して、その中から適当に見繕って借りて来ます。全作品をコンプリートしたい、と言うか、いつかする予定のレーベルです。

                  読了本については、その記事にリンクしています。これから配本されるものや、記事のリンクは随時、追加・編集していきます。

                  またまた長いので続きを読むからどうぞ。

                  2008.07.23 Wednesday

                  「世界を変えよう。ナツイチ」 集英社文庫 2008年

                  0
                    夏の100冊、最後になる第三弾は集英社さんの「世界を変えよう。ナツイチ」です。これで最後だ!と身体に鞭打ち、頑張りました。(まぁ、そこまで頑張るほどのものではないのだけれど…。)

                    では、「続きを読む」からどうぞ。


                    2008.07.20 Sunday

                    「新潮文庫の100冊」 2008年

                    0
                      夏の100冊の第二弾は新潮社さん、「新潮文庫の100冊」です。えぇと、第一弾を書いた時あまりに疲れたので、正直「もう止めようかな…。」とも思ったのですが、あと二社なので頑張ります。

                      では、「続きを読む」からどうぞ。


                      2008.07.17 Thursday

                      「発見。角川文庫 夏の100冊」 2008年

                      0
                        7月も中旬になって今更アレな感じなんですけれど、各出版社さんが毎年恒例としている夏の100冊について、自分のメモ的なものとして書きたいと思います。このブログを初めて早三年になりますが、振り返ってみると今まで日記とか、雑記とかいった類のものが一切無くて、自分でもビックリ(まぁ、近況報告用としてchobiを使っているせいもありますが)。そして、初めての雑記にちょっとドキドキ。

                        まず第一弾は角川書店さん、「発見。角川文庫 夏の100冊」です。かなり長くなるので、「続きを読む」からどうぞ。
                        続きを読む >>

                        | 1/1PAGES |